治療期間

半年以上はかかる

インプラント手術をする場合、通常の虫歯治療に比べるとやはりメスを入れる分時間がかかってしまいます。
基本的には人口でつくった歯根を自分の元々の歯茎に定着させることが大切なので、その定着で3ヶ月から半年は考えておく必要があります。
もし口内環境に異常がみられる場合は、さらに時間を必要とするので頭にいれておくと良いでしょう。
比較的顎の力が強い人や骨格がしっかりしている人であれば手術もスムーズに行くことが多いです。
他に虫歯がある場合であれば、まずは他の虫歯治療を行ってからインプラント手術に入ることがほとんどです。
手術を受ける人の状態でも治療期間は変化しますが、手術をする医師の技術によっても期間は変化するので、インプラント治療を専門としている医師や評判が良い医師に手術してもらうと良いでしょう。

仕事で忙しい人は

最近では、インプラント手術も技術が発達している分、時間が無い人の為に治療期間を短くして手術を受けることができるようになっています。
もし、短期間でインプラント手術を完了させたいのであれば、医師との問診時にはっきりと伝えておくことが大切です。
時間が無い人が行うインプラント治療は抜歯即時インプラントと呼ばれています。
この治療方法では抜歯と一緒にインプラントを入れることができるので、手術の流れを短縮することができます。
その他にも、インプラントを歯茎に入れて直ぐに狩歯を入れる即日負荷インプラントと呼ばれるものがあります。
今では、世界中からインプラントにおける最新技術が日本でも取り入れられるようになっているので、安全に短期間で治療を行うことができます。
口内環境によっては、短期間のインプラント手術を受けられない場合もあるので事前に確認が必要です。